リフォームローンはどこがいい?ARUHI等を比較

ARUHI(アルヒ)のリフォームローンについてご説明します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内と高額で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、年に2回(4月1日と10月1日に貸付金利の見直し)の長期プライムレート(基準金利)を3か月後の口座振替から適用になります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、プランによって金利と事務手数料が異なります。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選びましょう。

リフォームローンには大きく分けて担保形と無担保型といったものがあり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは業者によって様々です。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

リフォームローンのシミュレーションは金融業者のHPで試算できます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。

個人情報を登録せず利用できるのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、積極的に利用することをお勧めします。

リフォームローン金利比較する場合は比較サイトを利用すると効率が良いです。

数社の金融機関が一同に掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

比較検討したい金利や借入限度額など条件にごとに並び替えができますよ。

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから自宅に居ながら利用できるローンが増えています。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、金融機関に申告したり返金する必要性はあるのでしょうか?融資される金額は業者の見積書などによって決定するため余剰が出るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。

片や、建設業界では追加費用が発生しても補えるように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。

リフォームローン減税について紹介します。

リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となる工事内容についてですがいくつかの条件があります。

耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。

利用者に関しても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

また、減税は自己申告する必要があるため確定申告を行わなければ適用されません。

リフォームローンの口コミでは、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査が厳しいと言われてます。

その結果、多くの人が審査に落とされてしまいその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

金融関係の口コミの場合、口コミの件数に左右されることなく、どういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった融資できないと判断されてしまうなんらかの問題があったのかもしれません。

マイカーローンの返済中やリボ払い、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらの残債をきちんと整理することが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除というものがあります。

申告を行う事で当年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件が指定されていて定められています。

省エネ、耐震、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。

参考:http://xn--jckte8aybs0bydc.skr.jp/