住宅ローンアドバイザーが誕生したキッカケとは?

住宅ローンアドバイザーというのは、平成17年11月に第1回目の検定試験が開始された、まだ制定されたばかりの資格です。
国家資格ではなく民間資格ではありますが、これから先も需要が増えていくことが予想される資格なのです。
この住宅ローンアドバイザーという資格が誕生したのは、国土交通省によってまとめられた住宅供給事業者を通じた住宅ローンの供給方策に向けての調査研究会の最終報告書、さらには社会基本整備審議会によって提言された住宅ローンの内容を適切にアドバイスできる者を育成すべきであるという内容がキッカケとなっています。
財団法人住宅金融普及協会によって、住宅ローンアドバイザー養成講座が運営されていて、講座を受講してスキルが認められることで資格が発行されます。
総量規制で住宅ローン審査通らない?他のローン!【借り入れできない?】