着物を売る場合には査定時の状態が良いのが大事です

着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。
一度も着用されないものであっても保管している間に経年劣化して、状態は確実に悪くなっていきます。
着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定時の状態が良ければ高値がつきます。
仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしているという着物に心当たりがあれば、一日でも早く買取業者に見せましょう。
古いお着物を買取業者に出すと、絹物全般は割合良い値段になる場合がありますから、素材不明でも査定に出してみましょう。
ただ、化繊やひところ流行ったウール小紋などは、元値が低いため、仮に買い取るとしても安かったり、断られることもあります。
古着屋さんやリサイクル店なら、買取価格がつくことも多いと思います。
実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこでぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。
この場合の証紙とは、生地の織り元、織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることをはっきり証明するための登録商標になっています。
買ったときに証紙を捨てる方だのきちんと保管していない方もいますが次に売るためにも、ないと困るものの一つなので探して査定のときに持って行ってください。

服を売る前にアイロン?クリーニングタグは?【高く売る方法!】